Housing and exterior

Contents

雷による被害を抑える

人や建造物を雷から守ってくれるのが、避雷設備です。雷が落ちてきた場合、人だと感電死してしまいますし、建物はこわれてしまいます。避雷設備は、雷の電流を受け流してくれるので、被害を最小限に抑えることができます。

種類別使い分け

スプリンクラーは、回転するタイプと非回転のタイプがあります。庭に導入したいと考える場合は回転タイプが向いています。非回転タイプは防災用として使われることが多いです。

工場の省エネ

実は空調が鍵を握っている工場の省エネ方法は冷暖房設備の最適化で必要最低限の電力で運用させよう。消費電力低減システムが存在します。

清潔感を重視して施工を進めてくれます。クリニックを設計してもらうならこちら。多くのコンセプトに対応しています。

工場の省エネ対策では、昨今の原油価格の高騰や、それに伴う電気代金の値上がりで現在は深刻な経費問題ともなっています。これらの問題を改善する為に企業は工場の省エネ化を目指すために見える化することや最適化、エコ活動に取り組みました。これは製品として電力と生産性、品質管理を関連付けて共に管理するというツールが開発され、常にそのことを印象付けて管理するようになることを狙いとしています。異常が起これば警報するようにしており、常時監視する機能を持たせて目標値を定め、一元監視できると共にいつでも複数の視点から確認できるようになっています。同時にチリや空気の流量、温度などの電力に影響する要因データを無線を通じて収集できるようになっています。価格は約100万円とされます。

工場において省エネの歴史としては、1940年代から1950年代にかけては大規模工場では熱管理者を選任し記録を取ることが行われていました。1970年代から1980年代にかけては電気の有効利用を目指して電気管理者の選任を行い、記録も行われるようになりました。1980年代から1990年代にかけては省エネ法が改正され、産業部門は強化されて、方針策定や定期報告書の提出が義務付けられました。1990年代後半になると中規模工場及び業務部門にも拡大されました。2000年以降は業務部門も強化され2005年及び2008年に法改正がなされ、熱と電気の一体管理が求められるようになりました。2008年以降は事業者単位でも規制されるように変更になりました。

費用の把握

太陽光発電を導入する際、施工業者に費用の確認をすることが大切です。初期導入費用だけでも数百万円かかることがあるので細かくチェックする必要があります。また、どれぐらいの期間でその費用を回収できるか知っておくと良いでしょう。

楽に開閉できる

シャッターがあることによって、お店が開店しているか、閉店しているかを知らせることができますし、防犯対策としても活用することができます。電動化のシャッターなら、楽に開閉することができます。

Copyright© 2015 企業に必要な設備や便利な設備〜省エネ対策が大切ヤネ〜 All Rights Reserved.

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com