Housing and exterior

種類別使い分け

スプリンクラーについてお得に利用する方法や快適に利用する方法について紹介します。 スプリンクラーは大きく分けて回転式と非回転式があるのです。 回転式は散水する水を動力源に動いています。 主に農業用に利用されるので庭にスプリンクラーを設置したい人におすすめです。 非回転式はある範囲内をスプレーのように散水します。 主に防災用のスプリンクラーに用いられる事が多いです。 散水範囲も利用する時に重要です。 全円式の360度散水するタイプと扇形の狭い範囲に散水するものと2種類あるのです。 全円式は防災用にも農業用にも役に立ちます。 広範囲に水を使いたい場合にはこちらを使いましょう。 扇形は農業用の狭いガーデニングをしたい場合に役に立ちます。 狭い範囲で散水したい場合はこちらを使うと便利です。 これらの方式の違いによって、スプリンクラーの購入の参考にしましょう。

スプリンクラーの平均的な価格について紹介します。 100平米の敷地の防災用のスプリンクラーの場合、200万円以上かかります。 補助金も終了しているので、価格は高めです。 農業用については散水システムによって価格が変わります。 着脱式だと900万円かかります。 メンテナンスの手間が少ないのですがスプレーガンの設置やバルブ操作などの手間がかかります。 ポップアップ式だと1200万円かかります。 ボタン操作だけで楽なのですが定期的に土砂清掃をしなくてはならないのです。 移動式だと600万円かかります。 コストも安くメンテナンスも少なくて済みます。 しかし、ホースの出し入れや散水台車の移動やバルブの操作など手間がかかります。 これらの事を考えると農業用は600万円から1200万円ほどの平均価格です。 防災用は200万円以上かかり、敷地の規模に応じて価格が変わります。 スプリンクラーの設置の際には複数の業者の見積もりを依頼すると良いでしょう。